ラクトース不耐症:症状、原因、そして管理

Term

ラクトース不耐症は、世界中の何百万人もの人々に影響を与える一般的な消化器障害です。これは、体がミルクや乳製品に含まれる糖であるラクトースを完全に消化できないときに起こります。この状態は乳アレルギーとは異なり、ラクトース不耐症はラクターゼという酵素の欠乏によって引き起こされます。ラクターゼはラクトースを分解する役割を果たしています。

一般的な症状

ラクトース不耐症の人々は、次のようなさまざまな症状を経験する場合があります:

  • 腹痛や痙攣
  • 膨満感
  • ガス
  • 下痢

これらの症状は、ラクトースを含む食品や飲み物を摂取した後30分から2時間以内に現れる場合があります。

ラクトース不耐症の原因

ラクトース不耐症にはさまざまな原因があります:

  • 原発性ラクトース不耐症:これが最も一般的なタイプで、加齢に伴うラクターゼの自然な減少が原因です。
  • 二次性ラクトース不耐症:このタイプは通常、セリアック病、クローン病、または小腸の粘膜を損傷する特定の薬物など、基礎疾患の結果として起こります。
  • 先天性ラクトース不耐症:まれなケースで生まれつきラクターゼの産生がないために生じる状態です。

診断と管理

ラクトース不耐症を疑う場合、医療専門家はラクトース不耐症テストや水素呼気テストなどさまざまな検査を行い、診断を確定することができます。

ラクトース不耐症は治癒できませんが、食事の変更やラクトースフリーの製品を活用することで効果的に管理することができます。最も一般的な方法は、食事からラクトースを含む食品や飲み物を減らすか排除することです。ただし、これはすべての乳製品を完全に避けなければならないという意味ではありません。多くのラクトースフリーの製品が店頭で入手可能です。

また、特に乳製品を避ける選択をする場合には、骨の健康を維持するために適切なカルシウム摂取を確保することも重要です。乳製品以外のカルシウム源には、葉野菜、アーモンド、大豆製品、および強化された植物性ミルク代替品が含まれます。

よくある質問(FAQ)

Q: ラクトースとは何ですか?
A: ラクトースは、乳や乳製品に含まれる糖です。

Q: ラクトース不耐症の原因は何ですか?
A: ラクトース不耐症は、ラクトースを分解する酵素であるラクターゼの欠乏によって引き起こされます。

Q: ラクトース不耐症の場合でも乳製品を摂取できますか?
A: 店頭でラクトースフリーの乳製品が多数販売されています。これらの製品には、すでにラクトースが分解されているため、消化しやすくなっています。

Q: 乳製品以外のカルシウム源はありますか?
A: はい、葉野菜、アーモンド、大豆製品、および強化された植物性ミルク代替品など、いくつかの乳製品以外のカルシウム源があります。

Q: ラクトース不耐症は治癒できますか?
A: ラクトース不耐症は治癒できませんが、食事の変更やラクトースフリーの製品を活用することで効果的に管理することができます。

ラクトース不耐症を理解し、適切な食事の調整を行うことで、症状を効果的に管理しながらバランスの取れた楽しい食事を続けることができます。

さらなる情報

Scroll to top