Google Faces Challenges in AI Dominance, According to Industry Experts

新たな時代を迎えつつある人工知能(AI)の革命により、業界の専門家たちは、支配権を争う戦いが迫っていると見ています。2月8日に放送された2週間ごとのBG2PODポッドキャストのエピソードで、共同ホストのブラッド・ガースナーとビル・ガーリーは、画期的なジレンマについて議論し、AIのフェーズチェンジがテクノロジー業界の巨大企業にどのような影響を与えるかについて語りました。 Googleの画期的なジレンマは、ほぼ利益の全体が10個の青いリンクを中心にした広告モデルに依存しているということです。テクノロジーに特化した投資会社「Altimeter Capital」の創設者であるガースナー氏は、「それは、パープレクシティやChatGPTのようなものとはやや相反しているように見えます」と述べました。 エピソードのゲストとして登場したBoxの共同創設者であるアーロン・レヴィは、GoogleとPerplexityやChatGPTの違いについて言及しました。「大きな問題は、検索ボックスに移動して、検索語句を入力すると、多くの結果を表示する一方で、PerplexityやChatGPTはまったく異なる製品インターフェースを提供しているため、Googleのホームページはそれを簡単に実現できない」と彼は語りました。 ガースナー氏は、1999年にGoogleが当時存在していたポータルへの異なるインターフェースであったことを指摘しました。また、既に不動産の売却が必要な既存のビジネスモデルを持っていたYahooがなぜ単にGoogleをコピーしなかったのか、彼は驚いています。 GoogleがAIを支配できるか?同じ共同ホストのガーリー氏は、Googleが恐ろしい問題に直面していると述べました。まず第一に、Googleのユーザーインターフェースは変革の対象だと彼は語ります。さらに、Googleは最も関連性の高いリンクをユーザーが求めている場所の一番下に埋もれさせることで、ユーザーの生活を難しくしていると主張しました。「彼らのビジネスモデルは、顧客を一緒に闘わせ、最後には死闘に突き落とすことです」とガーリー氏は述べました。 ガースナー氏は、このアプローチでGoogleが成功するかどうかについて疑問を呈しました。「この青いリンクのモデルを生み出した人々でさえ、この新しい世界がそこで終わるとは信じていません」と彼は述べました。「そして私が言いたいのは、Googleが99%の独占を再現し、チャットGPTが、少なくとも最初は、この新しい世界の動詞となることを許してから、すべての利益のプールを一緒に持って行くという考え方は、私にはほとんど信じられないということです」。 ガースナー氏は、Googleが検索の世界を支配したように、新しいテクノロジーを支配するだろうとのコンセンサスがあると指摘しました。「それを達成すれば、その道の途中で株主になれることを願っています」と彼は語りました。 「それは資本主義の歴史上、最も巧妙な柔術の一つになるでしょう」と彼は続けました。 ガースナー氏はXの投稿で、Googleに対する抗議を詳しく説明しました。Googleを共同設立したセルゲイ・ブリンとラリー・ペイジは、当時、10個の青いリンクが単なる回答への途中点であることを知っていました。しかし、クエリの成長が鈍化し、広告のロード数が増えるにつれ、利益は増大していったと彼は述べました。「今や$GOOGの機械全体は、より多くの有料クリックに合致することが必要であり、これは回答で勝つために攻撃されなければならない」とガースナー氏は語りました。 また、彼はChatGPTの背後にある人気のあるChatbotを提供しているOpenAIが、会社の名前をChatGPTに変更し、「AGIに到達する過程で消費者の賞を勝ち取ることに集中し、企業側のビジネスはパートナーのマイクロソフトに任せるべきだ」と提案しました。「私を信頼できる助手/回答エンジンにするための戦いは、多兆ドルの賞になります」と彼は述べました。 アルファベットのCクラス株は、Benzinga Proのデータによれば、金曜日のセッションで1.51%下落し、141.76ドルで終了しました。 次の記事を読む:OpenAIが目指すのは、バッカーであるMicrosoftが達成できなかったこと:Googleをウェブ検索で打ち負かすこと 写真:シャッターストック 以下は、この記事に基づいて作成されたFAQセクションです。 Q: Googleの画期的なジレンマとは何ですか? A: Googleの画期的なジレンマは、ほぼ利益の全体が10個の青いリンクを中心にした広告モデルに依存していることです。 Q: PerplexityやChatGPTとは何ですか? A: PerplexityやChatGPTは、新しい製品インターフェースを提供するAIの一部です。それらは検索ボックスに移動することなく、異なる結果を提供します。 Q: GoogleはAIを支配できるのでしょうか? A: 議論の中で、共同ホストのビル・ガーリー氏はGoogleが恐ろしい問題に直面していると述べ、Googleのユーザーインターフェースの変革が必要であると主張しました。 Q: 新しいテクノロジーを支配するだろうというコンセンサスはありますか?…

イオンQ、世界初の量子コンピュータ製造施設をオープン

イオンQは、量子コンピューティング業界のリーダーとして、シアトルの近郊であるワシントン州ボセルにアメリカ合衆国初の量子コンピュータ製造施設をオープンすると発表しました。 この発表の一環として、同社はシアトルの施設も拡張し、面積を65,000平方フィートから105,000平方フィートに増やしました。 この施設は、イオンQの2番目の量子データセンターであり、イオンQの顧客にクラウドアクセスを提供する施設であり、またアメリカにおける主要な製造エンジニアリング拠点でもあります。イオンQの次世代IonQ Forte EnterpriseおよびIonQ Tempoシステムの展開に注力しているチームをはじめとして、研究開発および製造チームを収容する予定です。 これは、アメリカで初めて顧客のデータセンターに複写および展開可能な量子コンピュータを製造する工場です。新しい量子工場は、既にこの地域に存在する優れた技術力を活用し、テクノロジーイノベーションおよび製造の拠点としての太平洋岸北西部の地位を確立し、今後数年間で数千の新しい雇用と機会を創出する計画です。 イオンQのリボンカットセレモニーで、ワシントン州アメリカ合衆国上院議員のマリア・キャントウェル氏は、同社の量子イノベーションへの取り組みを称賛しました。マリア・キャントウェル氏は、科学技術研究の支援者であり、2022年のCHIPSおよびScience Actの主導交渉者でもあります。 今日の発表は、イオンQの一連のビジネスおよび技術的な成果の最新のものであり、予定より1年早く#AQ35を達成し、Amazon Braketとのパートナーシップ拡大の契約を締結して、IonQ ForteをAmazon Braket Direct Programに提供することに成功しています。 イオンQは現在、ヒュンダイ自動車、エアバス、GEリサーチなどのグローバル企業と協力し、彼らのビジネス内の複雑な課題に量子コンピューティングを応用しています。さらに、イオンQはQuantumBaselとのパートナーシップ契約を締結し、スイスのバーゼルに2つの量子システムを設置する予定です。イオンQはまた、米国空軍研究所(AFRL)との2550万ドルのプロジェクトを獲得し、ニューヨークのローム施設に2つの次世代量子コンピューティングシステムを導入する予定です。 イオンQの量子システムは、オンプレミスソリューションに加えて、Amazon Braket、Microsoft Azure、Google Cloudの3つの主要なクラウドプロバイダー、および直接APIアクセスを通じて利用可能です。イオンQシステムで始める方法について詳しく知りたい方は、以下のリンクから直接お問い合わせください:https://ionq.com/get-ready。 イオンQのCEO、ピーター・チャップマン氏は次のように述べています。 シアトルの施設は、イオンQが量子を商業化し、顧客に量子コンピュータを提供するという約束の具体的な実現です。イオンQは製造施設を建設するだけでなく、周辺地域に投資し、シアトルに優れた人材と思想のリーダーを集め、地域内の組織に革新的な量子能力を提供しています。 以下は、上記の記事に基づいたFAQセクションです。 Q: イオンQはどこに量子コンピュータ製造施設をオープンする予定ですか? A: イオンQは、アメリカ合衆国のワシントン州ボセルに量子コンピュータ製造施設をオープンする予定です。 Q: イオンQは施設を拡張しましたか? A:…

AppleのVision Pro:2Dから3Dへの次なる進化

Appleはついに待ち望まれていたVision Proを出荷し、多くの人々を魅了しました。その一方で、何が今日と将来のVision Proの真の価値なのか、人々は疑問を抱いています。私が多くの記者たちから受ける質問の一つは、AppleのVision Proに対するビジョンと目標、そして長期的なポテンシャルについてです。 これらの質問に答えるために、私は2017年のWWDCでAR Kitを発表した後に、AppleのCEOであるティム・クックとの会話を共有したいと思います。基調講演の午後、私たちは共同のイベントに出席しました。このイベントで、私たちは一対一での質の高い時間を過ごしました。私たちはこれまでにもAppleや業界の問題について何度も話をしてきましたが、私は彼のARのビジョンを聞きたかったのです。AR Kitについて尋ねたところ、彼は明るくなりました。彼は、ARとAR Kitが「Appleが未来のコンピューティングにおいて最も重要な貢献の一つ」と信じていたものの市場にもたらすための「始まり」であると私にはっきりと伝えました。それは、MacやiPhoneが既にコンピューティングの世界を変えてきたと考えると、非常に重要なコメントでした。 こうしてVision Proが市場に登場し、それを使ってその能力を目の当たりにすると、彼の当時の発言の意味がより明確になってきました。 Appleは再びコンピューティングの世界を変えるというビジョナリーな役割を果たしています。Macはグラフィカルインターフェース、マウス、そしてコンピュータの世界を変える新しいOSプラットフォームをもたらしました。それ以前のPCはテキスト中心でしたが、Macはグラフィカルユーザインターフェースの時代に私たちを導き、デスクトップパブリッシングやマルチメディアコンピューティングなどの新しいタイプのアプリを可能にしました。 2007年、AppleはiPhoneとiOSを発表し、ポケットコンピュータを生み出しました。このフォームファクターによって、消費者は個人用コンピュータを持ち歩くことができるようになりました。再び、Appleは個人用コンピューティングを新たなレベルに進化させるという業界でのビジョナリーな役割を果たしました。 AppleのVision ProとビジョンOSは再びコンピューティングを変えます。私は過去のコラムで、PCを45年間カバーしているアナリストとして、アナログデータの数千年をデジタル変革の世界にもたらしてきたコンピュータの様子を見てきました。また、デジタルは革命的ではあるものの、2Dの世界に留まっていました。 しかし、Appleのビジョンと他の人々が共有するビジョンは、私たちを2Dのデジタルコンピューティングから3Dの没入型コンピューティングへと導く、最も重要で影響力のあるコンピューティングの時代に私たちを導いています。 もしVision ProやMeta Quest 3といった安価なヘッドセットを使ったことがあるなら、コンピューティングの未来の一端を垣間見ることができたでしょう。はい、まだ非常に初期の段階ではあり、2Dのデジタルコンピューティングから3Dの空間的な没入型コンピューティングへの移行にはまだ多くの年月がかかるでしょう。 しかしながら、5年後に振り返ると、AppleのVision Proは、強力な空間コンピューティング機能、高度な光学技術、そして3Dの没入型映像によって、ゲームチェンジャーとなり、コンピューティングを2Dから3Dに移行させるためのカタリストであったことがわかるでしょう。 Appleの進化的な製品ロードマップを考えると、この技術が可能になると、Vision Proは通常の眼鏡のようになり、価格も下がるでしょう。 しかし、Vision Proの現在の限界を見る代わりに、パーソナルコンピューティングの次なる重要な進化を実現するために重要な製品として見るべきです。 現時点では、Vision Proの利点に疑問を持つ人も多いかもしれません。しかし、私はVision Proや他のXRヘッドセットは、私たちがまだ夢見ていない新しいアプリケーションを開発するためのプラットフォームであり、その結果、一般的にこれらのヘッドセットが提供できるものについての疑問に答えることになると信じています。 確かに、すべてのコンピューティングが3Dの没入型アプリケーションを必要とするわけではありません。一方で、ソフトウェア開発者は今よりもさらに強力なパレットを手に入れましたし、将来コンピュータを使用する人々に共感するXRのアプリを作り出すことは疑いの余地がありません。 そして、Appleを非常によく知っている私としては、Appleが再びパーソナルコンピューティングの未来に影響を与える最も重要な企業の一つになると信じています。…

新型コロナウイルス:最新の情報と対策

新型コロナウイルスは世界中で大流行しており、多くの国々が感染拡大を抑えるための対策を実施しています。 各国の政府は、感染拡大の防止策として、社会的距離を保つこと、マスクの着用、手洗いや消毒の徹底などを推奨しています。 新型コロナウイルスによる感染は、主に飛沫感染や接触感染によって広がります。感染拡大を防ぐためには、人との接触をできるだけ避けることが重要です。 さらに、新たな変異株の発見により、感染拡大が一層懸念されています。これらの新たな変異株に対応するため、ワクチンの開発および配布が進められています。 しかし、ワクチンの普及までには時間がかかるため、現在の状況においては感染予防策の徹底が必要不可欠です。 こうした感染予防策は個人だけでなく、地域社会全体の協力が必要です。政府や地域自治体は、感染予防策の周知啓発や必要な支援策の実施などを行っています。 特に、高齢者や基礎疾患を持つ人々は感染リスクが高いため、彼らを保護するための対策が重要です。 最新の情報を正確に把握し、信頼できる情報源から得ることも重要です。信頼性のある公的機関や専門家の見解に基づき、適切な対策を実施しましょう。 新型コロナウイルスとの戦いはまだ続いており、感染拡大の防止には私たち一人一人の努力が求められています。皆さんも引き続き感染予防対策に取り組み、健康と安全を守りましょう。 新型コロナウイルスに関するFAQ Q: 新型コロナウイルスとは何ですか? A: 新型コロナウイルスは、世界中で大流行しているウイルスであり、感染拡大を抑えるための対策が実施されています。 Q: 政府はどんな対策を推奨していますか? A: 政府は、社会的距離を保つこと、マスクの着用、手洗いや消毒の徹底などを感染拡大の防止策として推奨しています。 Q: 新型コロナウイルスはどのように広がりますか? A: 新型コロナウイルスの感染は、主に飛沫感染や接触感染によって広がります。 Q: 新たな変異株に対応するために何が行われていますか? A: 新たな変異株に対応するため、ワクチンの開発および配布が進められています。 Q: ワクチンが普及するまでには時間がかかりますか? A: はい、ワクチンの普及までには時間がかかるため、現在の状況においては感染予防策の徹底が必要不可欠です。…

新たな兆し:ニューロモーフィックコンピューティングチップ市場の見通し

ニューロモーフィックコンピューティングチップ市場の動向:2023年から2030年までの新しいレポート Worldwide Market Reports によると、「ニューロモーフィックコンピューティングチップ市場:産業動向、シェア、サイズ、成長、機会、および予測2030年まで」は、ニューロモーフィックコンピューティングチップ市場の分析に関する洞察を含む、業界の包括的な分析を提供しています。このレポートには、競合分析、地域分析、市場の現代的な進展も含まれています。 近年、ニューロモーフィックコンピューティングチップ市場は、その製品への需要の増加、顧客基盤の拡大、技術の進歩など、いくつかの重要な要因により、着実に成長しています。このレポートは、ニューロモーフィックコンピューティングチップ市場の市場規模、動向、ドライバーと制約、競争要素、将来の成長の見通しなど、総合的な分析を提供しています。 市場調査の目的は、産業を徹底的に調査し、産業とその経済的潜在力についての知識を得ることです。その結果、クライアントは市場とビジネスに関する過去、現在、将来の側面からの完全な知識を持ち、資源を適切に配分し、資金を賢く投資することができるようになります。 このレポートに含まれる主要な市場プレーヤーは以下の通りです:インテル、IBM、クアルコム、NVIDIA、HPE、Google、Apple、Micron Technology、BrainChipなどです。 ニューロモーフィックコンピューティングチップ市場の詳細なセグメントおよびサブセグメントは以下のとおりです: - スパイキングニューラルネットワーク(SNN) - リキッドステートマシン(LSM) - ニューロモーフィックビジョンセンサー - メモリストーブネットワーク - ニューロモーフィック認知システム ニューロモーフィックコンピューティングチップ市場のアプリケーション: - 人工知能 - ロボティクス - ヘルスケア - 自律型車両 -…

6WIND、仮想化およびセキュリティネットワーキングソフトウェアソリューションを発表

6WINDは、高性能な仮想化およびクラウドネイティブネットワークソリューションに特化した、リーディングなグリーンテックネットワーキングソフトウェア企業です。同社は最新の仮想化オファリングであるUser Plane Function(UPF)とVirtualized Firewall(vFW)を強化し、Multi-Access Edge Computing(MEC)およびPrivate 5G(P5G)ソリューションにおいて革新を推進しています。これにより、ローカルなインターネットブレイクアウトを容易にし、データトラフィックのルーティングを最適化し、エッジからクラウドサービスに直接アクセスするユーザーのレイテンシーを最小限に抑えることで、UPFはモバイルネットワークの効率を再定義します。同時に、vFWはエッジに頑健なネットワークファイアウォール機能を実装することでネットワークセキュリティを強化し、これらのアクセスポイントを保護します。効率的なネットワークユーザープレース機能とセキュリティ対策の組み合わせにより、優れたユーザーエクスペリエンス、パフォーマンス、データの整合性が確保され、規制基準にも適合し、全体的なネットワークの信頼性と保護が向上します。 これらの高度な機能をMECおよびP5Gアーキテクチャに統合することで、組織は前例のないアジリティ、セキュリティ、およびパフォーマンスを実現し、イノベーションを促進しながらオペレーショナル・エフィシェンシーとコスト削減を向上させることができます。 また、仮想化ソリューションにより、通信サービスプロバイダー(CSP)は従来のハードウェアの調達および保守に関連する資本支出を大幅に削減することができます。需要に応じたスケーラビリティを提供することで、これらのソリューションはコストのかかるハードウェアのアップグレードなしにネットワークの容量とセキュリティ要件をシームレスに調整することができます。仮想化環境に固有のスムーズな管理と自動化の機能は、手動設定と保守作業を最小限に抑えることで、運用費用を削減する一助となります。 6WINDのCEOであるJulian Dahanは、「当社の最新の仮想化オファリングは、ネットワークの変革を推進するという当社の取り組みを証明しています。最新の技術をMECおよびP5Gのアーキテクチャに統合することにより、当社はクライアントが優れたアジリティ、セキュリティ、およびパフォーマンスを実現することができます。これらの強化は、ネットワーキングの未来を形作るための重要な一歩であり、よりつながりのある安全な世界に向けてリードしていくことに興奮しています。」と述べています。 詳細については、以下のリンク先にアクセスしてください。 【原文リンク】 6WIND、MECとP5Gソリューションを通じてネットワークの革新を推進 6WINDが最新の仮想化オファリングであるUser Plane Function(UPF)とVirtualized Firewall(vFW)を強化しました。これにより、Multi-Access Edge Computing(MEC)とPrivate 5G(P5G)ソリューションの革新が促進されます。UPFはローカルなインターネットブレイクアウトを容易にし、データトラフィックのルーティングを最適化することで、クラウドサービスへの直接アクセス時のレイテンシーを最小限に抑えることができます。また、vFWはエッジで頑健なネットワークファイアウォール機能を提供し、アクセスポイントを保護します。これらの機能の組み合わせにより、優れたユーザーエクスペリエンス、パフォーマンス、データの整合性が確保され、規制基準にも適合し、ネットワークの信頼性と保護が向上します。これらの機能をMECとP5Gアーキテクチャに統合することで、組織はアジリティ、セキュリティ、パフォーマンスの向上を実現し、オペレーショナル・エフィシェンシーとコスト削減を促進することができます。 【FAQs】 Q1: 6WINDはどのような会社ですか? A1: 6WINDは高性能な仮想化およびクラウドネイティブネットワークソリューションに特化したグリーンテックネットワーキングソフトウェア企業です。 Q2: 6WINDのUser Plane Function(UPF)とVirtualized…